ブログトップ

ROAST PHOTOGRAPH

northrn.exblog.jp

記憶の化石

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0211037_16511679.jpg
明日から新年度、いまの景色は例年で言えば3月上旬のままの模様だけど、暦の上では僕の暮らす北の街でも否応なく春である。♫春は嫌だね、芯に染みるよ、誰かいるなら電話に出ろよっ、♫・・ってか?そこのあんたブルースで死にな!
e0211037_165131100.jpg
e0211037_16515474.jpg
e0211037_16522364.jpg
e0211037_16524088.jpg
e0211037_1653163.jpg
e0211037_16533442.jpg
e0211037_1654573.jpg
e0211037_16544977.jpg

[PR]
by kazub22 | 2013-03-31 16:56
北海道開拓の村へ行くと数多くある開拓当時の資料が誠におもしろい。

と同時に・・はたして北海道開拓は終わったのか、という疑問も湧いてくる。

僕たち道産子と呼ばれる道民の多くは北海道で生まれ育ち、中には僕のように道内でしか暮らしたこ

とのない人間も多い。

つまり北海道の暮し、文化、低迷している経済その他諸々まさに北海道そのものに慣れすぎてはいな

いかという疑問。

直線の続く広い幹線道路、点在する集落。とある東京の写真家は千歳空港から東川町にむかうなかま

るで西部劇の映画のような光景だったといっていた。たしかに札幌以外は中小都市、人は離れ広い原

野が続いている土地は内地にはないのだろう。

北海道開拓はまだ、まだこれからなのだ。そう考えるとあらゆる面で素材が転がっている。

もう一度、北海道を別な視点で見つめ直さなくては・・・

今年から、また3年かけて道内を廻ろうと思う。

もちろんカメラを持ってね。




  開拓者への祈り

e0211037_03795.jpg


e0211037_033966.jpg


e0211037_0425.jpg





http://www.kaitaku.or.jp/news/27ph.htm
3月1火(金)~5月6日(月・祝) 北海道開拓の村 旧さポロ停車場第1ホーlレにて展示


  時空散歩

e0211037_053876.jpg


e0211037_06394.jpg


e0211037_062110.jpg

[PR]
by kazub22 | 2013-03-24 00:29 | 展示記録
炭鉱の文化を守ろう。炭坑(やま)ナビ

半世紀まえには明治鉱業所の炭住に生まれ育った。

遥か遠い記憶。

今思うと街全体がモノクロームだった。

かつて道内各地にはそんな光景が点在したのだろう、炭塵を被った鉱夫の荒っぽい罵声、サイレンの

音とトロッコを牽引する蒸気機関車の水蒸気、高い煙突からのもくもくとした黒い煙、酒と博打、繁

華街の喧騒。

怒涛のごとく活気にあふれ、街は炭坑の活力に牽引されていた。

街全体が黒く巨大な生き物のように思えていた・・幼い頃、圧倒された記憶、


来年は古いアルバムから何枚か炭坑の白黒写真を引き伸ばしてみようかな。



e0211037_2259991.jpg


e0211037_23021100.jpg


e0211037_2311543.jpg



札幌市エルプラザ2F交流広場 4月5日(金)~9日(火)
アルテピアッツア美唄     6月17日(月)~20日(木)
岩見沢北海道空知総合振興局ロビー 6月20日(木)~7月3日(水)
  
http://www.tankouisan.com/contest_6kekka/index.html
[PR]
by kazub22 | 2013-03-23 23:18 | 展示記録

by kazub22